発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―

アクセスカウンタ

zoom RSS 育ってる!でも先生になると・・・。

<<   作成日時 : 2007/08/23 21:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 大学院の集中講義で、うれしい収穫がありました。夏季実践者講座同様、この講義でも個別指導計画の立案がテーマで、大学院生も個別指導計画を立てました。その指導計画の中に、初めてにしては、なかなかいいじゃん、というものがあり、これが、当センター指導者養成サークルseedsのリーダーの立案したものでした。


 指導者養成サークルseedsは、リソースセンターoneがスーパーバイズする学生サークルで、このサークルのリーダーは、当センターに大学2年からかかわり、現在大学院生なのです。これまで、彼女は、当センターの療育にはボランティア的にかかわってきて、個別指導計画など立てたことがないのに、結構子どもを見る視点がよいのと、子どもの脳機能の特徴の仮説について、彼女の頭の中でわりと整理されていることが見て取れました。


育ってる!!
当センター4年目の彼女。やっぱり私が何となく想定したとおり、5年なのです。現場で、理論の裏づけを取りながら5年やれば、たぶん、自力で実効性の高い個別指導計画が立てられ、それなりの指導ができる力が培われる。


彼女が大学院を修了するときには、実践の専門性を身につけ、子どもや先生方に本当に役に立てる人材になってほしい。


 ただ、学校の先生になることを手放しでは喜べないのです。先生になると、この専門性が封印されてしまうのです。学校は、年功序列。高い専門性があっても、教師として新米なら、その専門性を発揮する機会を与えられる可能性はかなり低い。

新米教師が、先輩の先生方にアドバイスをするという立場になるということは考えにくいのです。実際に、そのような例がありました。かなりの力を持っていたのに・・・。

 今、教育現場で苦しんでいる子ども、そして先生がたくさんいます。そして、以前にも書いたように、実践の専門家が足りない。子どもはどんどん年を重ね、待っていてはくれません。できることなら、一人残らず健やかに育てたい。封印などしている場合ではないのです。


「心理」の資格を条件にすることなく、このような実践の専門性を活かす専門職を機能させなければなりません。私自身も、自治体との連携をとるなか、実効性の高いシステム構築のために、自治体に手を変え品を変えアプローチしております。

どこかが機能的で成果の上がるシステムを作れば、真似してくれるのが行政だから。



ランキングに参加中です。よろしければクリックいただけるとうれしいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へにほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも とても参考になるお話をありがとうございます。学校現場と専門性の発揮…難しい関係なのですね。
なおみ
2007/08/24 06:46
 初心者のつたないブログをお読みいただき、ありがとうございます。そして、コメント第一号ありがとうございます。
学校に専門性を入れることは、特別支援教育にとってどうしても必要なことだと思っています。せっかくですから、次回はそのことについて書きたいと思います。
書いたように、年配の先生に専門性がある場合、問題はないと思うのですが、若い先生では、専門性を活かす登用はちょっと難しいかもしれません。
軽度発達障害は、新しい概念なので、これからの若い先生の方が、専門性が高い場合も多い可能性が高く、それを封印されてしまっては残念。
 しかし、戦後の日本と同じで、内部から変わることは難しいけれど、外からの風で変わる可能性はあります。先生というポジションではなく、別のポジションで専門性を学校に入れることはできます。今、いくつかのポジションがありますが、以前に書いた専門性の違いで、あまりうまく機能していないことの方が多い現状です。とりあえずは、ここに適材適所の布陣を敷くということを目標にする必要があると思っています。でもそれは、通過点で、その先にもっと有効なシステムがあると思っています。
上原芳枝
2007/08/24 21:19
最初から、ここまで読ませて戴きました。

大変、学ばせていただきました。

日本の教育に必要な事が、丁寧に書かれています。
今日明日
2007/11/08 17:45
今日明日さん、コメントありがとうございます。
また、最初からお読みいただきありがとうございます。

ただ書くだけでなく、微力であることは承知の上で、全体から見れば針の穴のような変化でも、実現できるよう
「教育」にかかわっていきたいと思っています。
上原芳枝
2007/11/08 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
育ってる!でも先生になると・・・。 発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる