発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―

アクセスカウンタ

zoom RSS 先生方の武勇伝!! 特別支援教育の成果。

<<   作成日時 : 2008/07/05 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

 先生の武勇伝といっても、先生と子どもが格闘することではありません。
以前から度々登場している、年約50時間お伺いした幼稚園での先生方の実践者としての雄姿に敬意を込めての題名です。

思い起こせば昨年度の4月、園も私も、期待というよりはどうなっていくんだろうという不安のなか始まった特別支援教育の巡回相談。正直私は、そんなにうまくいかないだろうと思っていました。


そしてそれは、私が先生方を支援する力量がないという事実に直面する体験にもなるのだと、ある程度覚悟をしていました。


 いつも書いているように、支援はトレーニングではなく、子どもの脳機能(情緒的理解ではないという意味)の特徴の視点をもった理解と、その特徴をふまえたハードル設定で子どもの自然発達を最大限保障することがまず重要なわけです。


しかし、脳機能の特徴を知ることや集団の中で他の大多数の子とは違うハードルを適切なかたちで設定するというやり方、発想はこれまでの保育・教育には希薄で、ここが最大のネックになるだろうと思っていました。



 案の定、最初の数ヶ月は先生方も戸惑われ、そして、前回の訪問時お伝えしたことが浸透せずに自然に以前の保育に戻っていたり。

私がお伝えしていることが効果的であるのかどうかの懸念もおありだったのではないでしょうか。

しかし、たくさん訪問枠が確保されているなか、口頭で説明をするだけでなく、実際に私が活動の中に入り、口頭でお伝えしたことを子どもへの対応で具現化し、子どもの変容を目の当たりにしていただくことで、先生方の視点が変わっていったように思います。


ただし、戸惑いの次はジレンマ。先生方から「わかっているのにできない!」ということばを何度かお聞きし、私は「それでいいんです」とお応えしていました。


意識や視点を変えても、それが実践に反映されるのはそうたやすいことではないとわかっていますし、変わらなければならないのは対応する側であるという認識があれば、おのずと徐々に対応は変わっていくからです。

でも、先生方は当然苦しい。


そうこうしているうちに、子どもの小さな変化と何より先生方の小さな成功の実感の蓄積が・・・。


 余談ですが、私はクラスに入り支援員的に子どもに対応するのが大好きです。子どもの特徴をふまえての先回り戦略で、子どもに負担をかけずに適切な言動に導けた時、「よしっ!」って感じで心の中でガッツポーズ。


これを先生方も味わえば、実践者としてはたまらないモチベーションになるのではないでしょうか。


 
 乱暴、制止に怒る、集合しない、途中から出て行く、クラスを乱す、助言は聞けない・・・いろいろあり、私的にはちょ〜っと厳しいなーと思っていた子も含めたA君、Bちゃん・・・はどうなったのか。

迎えた年度末・新年度、「他の子とあまり変わらない」これが先生方から聴かれたことばです。
私もそう実感しています。


正直、私自身がこの成果に一番驚いているのではないでしょうか。
たった1年でここまで変わるとは!



いや〜、子どもってすごい! そして先生方凄すぎる!!


保育室内の配置や式典のセッティング、安定グッズの提供や子どもの実情にあったハードル設定・ことばかけなど今では、私が何か言わなくても、先生方自ら考え実践されているところがさらに凄い!!!


このすばらしい成果の要因は、

@実際に私の実践を見ていただき、実践者としてある程度信頼していただく機会があった。
A個々の子どもにフィットし、具体的で実効性の高い個別指導計画立案にかなりの時間と労力をかけ、子どもへの
  対応にあたって先生方の思考の整理ができた。
B園長先生と特別支援教育コーディネイターの先生がすばらしく、忙しいなかでもこれ以上ないという園内体制がと
  れた。私が園に行かない間、担任をもたないコーディネイターの先生が、客観的に担任の先生への助言をしてい  た。

などでしょうか。


 園には気になる子が何人かいますが、個別指導計画をきっちりつくり、先生方が思考を整理してのぞんだ子とそうでない子には、伸び率に差が見られたような気もします。

そして、幼児のうちに対応者が視点を変えれば、子どもは無理なく伸び、就学までに言動が目立たなくなる子が多いのではないかということもわかりました。



 昨年度1年、最強の誇り高きプロ集団と仕事をさせていただく機会に恵まれ、様々なことを学ばせていただきました。ときにプライドは、他からのことばを本能的に退けるものですが、それは本当の実践者としての誇りではないでしょう。

そして、子どもの自然発達を最大限に保障していただき、他の子とあまり変わらない状態にしていただいたこと、子どもに成り代り感謝の気持ちでいっぱいです。私が感謝するのは、筋違いでおこがましいのは承知してますが。




 私は、この園の実践を様々な講演会で紹介させていただいています。いたるところで苦労されている先生方や子ども自身に向け、この園の先生方の実践をお届けし、少しでも必要以上の負担なく育てて欲しい、育ってほしいと思うからです。そういう意味でもこの園の貢献は大きいといえるのではないでしょうか。



 今年度から園と小学校の一貫支援をさせていただいています。当初ちょっと変化は厳しいかなーと思った小学校も、少しずつ変わっていただいているのを実感します。


今年度は幼・小一貫の支援システムの構築と成果を、静かに勝手にもくろんでいる私です。
そして、すでに光が・・・。


ランキングに参加中です。よろしければクリックいただけるとうれしいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ステキなブログですね☆

拝見させていただきました〜♪

よかったら私のところにも遊びに来てください^^
http://www.sayonara-utsu.com
うつ病
2008/07/24 11:51
はじめまして。koharuと申します。日本では、障害のある人とナイ人の間の垣根が高過ぎて、若い頃から疑問でした。小学校で障害児学級があるとはいえ、出会うのは、ほんの 一握りで、社会に出れば、会社によりますが、お付き合いがなくなります。私の義姉が事故で障害を負い、37歳で障害者手帳を交付されました。義姉の『私は障害者になった』と、まるで、今までの自分でなくなったか?のような<線引き>をしている事が気になりました。何故こんなに強く『何故、私だけが?』と思うのか?と考えると、「もっと、障害のある人と分けられていない社会だったら<障害を負った自分は、稀で不幸で可哀想な存在になってしまった><健常者でない自分には価値がない>という思いに かられなかったのではないか?」と思います。障害があって、そのための医療や、力を最大限に引出すための<健常者との境>は必要ですが、何もかもに境があるような気がして気持ち悪いです。普通の主婦が どういう形で関わっていく事が出来るのか?模索中です。
 とても共感できて、「私も頑張ろう!」と力をいただきました。これからも読ませていただきます!!応援しています。
koharu
2008/08/02 14:46
「うつ病」さんご訪問ありがとうございます。

なかなか記事を更新できないのですが、
よろしければときどきのぞいてみてください。
上原芳枝
2008/08/08 08:17
koharuさん、本質的なコメントありがとうございます。

これまでよりもうまくいかないことが多くなるということが実際に自分に降りかかったときの本人の心情については、そのような状況にある人以外がコメントするのは難しいかもしれません。

しかし、「境」の認識については、確実に文化の中でつくられたものでしょう。
特に日本人の「みんなと同じ」ことに価値を置くという文化的素地が、公教育に確実に色濃く影響していることは、園や学校に入ると「ここまでか」と驚かされます。

実は私の特別支援教育は、まさにこの強固な「集団同一歩調」との戦いといっても過言ではないのです。
それぞれ勝手でよいということでなく、「そこまで?」っいう部分について。

もちろん、学校や先生方との戦いではなく、私がいかに説得力をもって学校に、先生方に受け入れていただけるのかという、私自身の。
上原芳枝
2008/08/08 08:47
先生方の成長はまるで発達障害の子供達の遅い成長と良く似ていますね。多分、同じような動作回路形成が齎しているのでしょうね。
Hbar
2008/08/14 17:03
Hbarさん、いつもご訪問いただきありがとうございます。
私は実践者なので、実践の思うようにはいかない大変さ・苦しさも、ちろん醍醐味もある程度わかっているつもりです。
また、実践という、思考を差し挟む隙間もないほどの怒涛の日々の中で、これまで叩き込まれてきた保育・教育の固定観念を転換させるのは、実は至難の業なのです。
そういった意味では、この園の先生方の変化は、私の想像をはるかに越えるスピードで、そして、脅威の到達度であったように思われます。
私は、秘かにこの園に、そして先生方に出会えたことを
神様の贈り物だと思っています。
上原芳枝
2008/09/05 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
先生方の武勇伝!! 特別支援教育の成果。 発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる