発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―

アクセスカウンタ

zoom RSS まるで別人!大事なことは・・・。

<<   作成日時 : 2009/12/28 14:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

 最近、大好きな仕事があります。ある区の保育園の巡回。1園につき年2〜4回程度お伺いします。今年度から始まり、そろそろ2巡目回目、3巡目の園もあります。


毎回違うお子さんがケースとしてあがる園もあるけれど、1人のお子さんが継続ケースとしてあがってくる園もあります。この継続ケースの場合で感動と発見が。



私は顔の記憶が割とよく、たーくさんの園や学校を回っても、たいがい子どもの顔は覚えています。
ところが!!不覚にも「このお子さん、今回初めてですよね〜」なんて先生にお聞きして、「いえ、前回見ていただきました」なんて言われちゃったのです。


なんでも、前回の私の訪問以降対応を変えたところ、子どもが別人のように成長したとおっしゃるのです。あまりにも子どものイメージが変わり、私は以前会った子だなんてわからなかったようです。


先生方ってすごい!ほんの数か月でこんなにも子どもを変えちゃうなんて!!
やぁ〜、現場の先生には本当に頭が下がります。


前に会ったお子さんだとわからなかったのはこの時だけでしたが、いくつか園で、「子どもがかわったんです!!」と園長先生をはじめ、先生方のテンションが上げ上げでした。



でも実は…、2回目以降の巡回前に、前回の巡回後の子どもへの対応を書いてお出しいただく資料に目を通していた私、反省しきりだったのです。あ〜、やっぱり一回の訪問じゃなかなかうまくお伝えできないんだなぁ〜って感じて。


ところがこの成果!!いったいどうしたことでしょう?


それはたぶん・・・。


子どもが変わるには、対応する側の理解・姿勢・スタンス8割、対応2割ということなのかも・・・。
この自治体のお仕事のおかげで、子どもを伸ばすのに、対応する側の「姿勢・スタンス」が思った以上に好成果に結びつくことがわかりました。


一見、「わがまま」「意地悪」「やる気なし」に見えるけれど、実は、本人なりによんどころない事情があって、その弱さを知り、歩み寄るところから始めるというスタンス。


多少対応がチグハグでも、これで子どもが伸びるのです。



逆に、「姿勢・スタンス」を変えられなければ、子どもを伸ばすことは難しい。
やっぱり、学校はなかなか厳しいかなぁ。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
障害児応援検索エンジンゆっくりねっとサーチ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宮城県社会福祉協議会より支援を受けることになったのだが暴言や支援放棄、幹部からは嘘までつかれ虐待を受け病気が支援を受ける前よりひどくなりました。
障害者
2010/01/01 20:41
心を通わせることのできるサポーターがいらっしゃるとよいですね。お元気になられることを祈っております。
上原芳枝
2010/01/07 09:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
まるで別人!大事なことは・・・。 発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる