発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ復活!!

<<   作成日時 : 2011/09/10 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

ブログに戻ってまいりました!


特に文章を書くのが好きというわけではない私に、昨年の1月に本の執筆のお話しをいただいてからは苦悶の日々。ブログでまた文章を書く元気なんてなくなり、なんと約1年半ぶりの復活です。


ホント〜に苦しかった〜。
1年2ヶ月という、たぶん普通では考えられない長〜い執筆期間を経てようやく3月末に原稿が仕上がり、5月末に発売されました。



出版社から私なんかにダイレクトに依頼がくるはずはなく、今回の本の監修をしてくださっている著名なドクターから私を紹介されたということでした。


出版社は具体的な対応をまとめた本をつくりたいと、その先生に執筆を依頼したようなのです。しかし先生は、具体的なことなら私(上原)にと即断されたとのことでした。




以前、専門家と言われる人は自分が役に立てるかどうかシビアに判断する責任があるというようなことを書きました。それができないと、結果的に本当に支援を必要としている人を不幸にすることもある。


で、この先生は即座にこの責任を果たされたということでした。流石です。
私という選択が適切だったかどうかは、読者の方が決めるわけですが。



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援<a href= メンタルヘルスブログ 発達障害へ
/>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
祝(^o^)/ブログ復活‥長〜い執筆活動お疲れ様でした。
この日を心待ちにしておりました!
宜しければ出版社、題名教えて教えていただきたいです。
メルモ
2011/09/30 00:20
早速のコメント、恐れ入ります。
こんなブログの再開にすぐに気づいていただくなんて、びっくり!とともに大変ありがたく存じます。
「発達障害サポートマニュアル」という、私が書いたとはとても思えない題名です。実際、なかなか正確に覚えられません…。
PHPから出ていますが、予想外に分厚くてちょっとお高めなので気がひけます。
上原芳枝
2011/10/04 13:09
お久しぶりです。
そして,執筆された本,さっそく拝読しました。
実は,このブログからすぐにアマゾンへ行き,届いたものの,予想以上に分厚く,そして文字がいっぱい…。
(活字に弱いのです><)でも,パラパラとめくるうち,
あっという間に読破!!
なるほど,なるほどとうなずき,共感し…の連続でした。
自分の普段の支援と同じようなところ(事情にあったサポートの流れです)も,とても共感できました。また,「地雷除去作業」の表,「脳機能の視点を踏まえた要因想定資料」は,身近な人に配りたいです!!思わず夢中で読んだので,もう一度じっくり読み込みたいと思います。周りの知り合いにすすめます!!!また,情報教えてくださいね。
しんたの
2011/12/05 22:06
しんたのさん、お久しぶりです。
コメント、そして本をお読みいただきありがとうございます。私も予想外に、分厚くとっつきにくく、どうしたものかと…。すみません。
ところが、当初のコンセプトはこの類の本を初めて読んだおかあさんに無理のない内容ということでした。そのため、「脳機能の視点を踏まえた要因想定資料」などの詳細さもちょっと中途半端になってしまっています。
詳細さということでは、毎年発行している「書式&資料集」の「要因想定表」がもっとも詳しい内容になってるというのがプチ情報です。
いずれにいたしましても、現場で本をご活用いただけるのは著者冥利につきます。ありがとうございます。


上原芳枝
2011/12/06 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ復活!! 発達障害児支援現場レポート―実践者のつぶやき―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる